株式会社WWG/Weii-Wisher-Global

Web・ネット活用について- Make the best use of Web & Internet -

活用イメージ

制作したホームページのサポートもお任せ下さい。
ホームページ活用という観点でお話させて頂きます。

> SEO対策についてはこちら
> アクセス解析についてはこちら
> リスティング広告についてはこちら
> SNSの活用についてはこちら

ホームページ活用の本質

◆インターネットの普及と変遷

日本では2000年頃からインターネット利用が一般家庭に広まり、利用者に向けたホームページの開設数も年々増加していきます。

それまで「限られた人の」アクセスが多かった事に対し、「一般の閲覧者」が知りたい情報や自身の課題解決をするためにアクセスする様にもなっていきました。

利用者が増える事で、検索エンジンも日々進化していきます。
より高度に、よりスピーディに、ワードを探すクローラ利用検索へと移り変わります。
(それまでは、カテゴリ別に情報が掲載され、そこから検索するスタイル)

活用イメージ

世間の流れに併走する様に、企業ホームページの役割も変わってきました。

一方的な「情報表示」ツールから、ホームページを通じて「情報発信」「Web上でのやりとり」をする事で、ユーザーや見込客層の抱える問題を解決し、優良で継続的な関係性を構築していくスタイルへと変わりつつあるのです。

少し前に話題になったWeb2.0(=双方向のネット・コミュニケーション)の考え方、スタイルを背景に、コミュニケーションのとり方も変わってきました。

ユーザーと継続的な関係を築くことで、さらにユーザーが抱える「潜在的な問題」を見つけ、それらを解決するサービスや商品を生み出す仕組みを作り出す企業が成功しているのです。

◆これからの企業戦略のあるべき姿

多くのビジネスチャンスがインターネットの中や、ホームページの活用スタイルの中に隠れています。

「インターネットは詳しくないから・・・」といって使わないのは勿体ない!・・・のです。
ホームページは、ユーザーにとって企業との接点の大きな1つです。
「ホームページのためのインターネット戦略」ではなく、「企業戦略に基づくインターネット活用」がこれからの企業戦略のあるべき姿といて捉える必要があるのです。

活用イメージ

企業側からの情報発信ではなくホームページに訪れる方やユーザが求めている情報を発信する、その観点が非常に大切です。

また、消費者からの厳しい視線に対し、企業の責任を果たす自社メディアとしての存在点も忘れてはいけません。
他のメディアより早く、鮮度の高い情報を提供し、品質管理を含めた詳細情報の開示や企業の取組姿勢の表明、お客様への対応窓口など。これらもホームページに求められているのです。

この様なユーザーと企業との循環を生み出すことが、ホームページの特性といえるのではないでしょうか。
集客や販売だけが、ホームページの活用ではないのです。
求められている情報を表示・開示したり、問題や課題を解決するのがホームページの活用と言えるのです。

「企業が出したい情報を出すホームページ」から、
「万人に分かる言葉で、必要な情報を必要な人へ提供するホームページ」。それが現在求められる企業ホームページの在り方なのです。

◆数字に潜む本質的問題点

企業のホームページの担当者さんは、ページビューやUU等アクセス数、検索結果の順位だけの数字で一喜一憂してはいけません。

必要なのは、それらの数字(アクセスデータ)がビジネスとしてどのような意味を持つかを知り、ビジネスとしての状態を把握することでしょう。

訪問者の方々は、インターネット環境をつくり、ホームページを自ら見に行く、つまり費用と労力をかけてサイトに辿り着かれているのです。・・・訪問者のメリットになるようなホームページでないといけないですよね。

ホームページの活用とは以上の様なことをベースに、展開していく事が大切です。

その積み重ねが目に見える部分と見えない部分含め企業において大きな成果をもたらしてくれます。

◆様々なWeb・ネット活用方法

企業ブランドの構築や安定したアクセスを集めるために「 SEO対策 」での集客や、予算をコントロールし出稿効果把握可能な「 リスティング広告、PPC広告 」にて、多くの方の目にとまるような導線をつくり、潜在課題を解決したり、コミュニケーションをとることが可能なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用し、ホームページ訪問者の「 アクセス解析・分析 」し、それらをホームページにフィードバックする事で更なる効果を発揮します。

アクセス解析、SEO対策、リスティング広告、SNS活用について知りたい方は各LINK先ページ にて確認下さい。

もっと詳しいホームページ活用を知りたい方は、問合せフォーム又はお電話にてお尋ね下さいませ。

御社のホームページ、もっと活用してみませんか?
御社のネット活用、最大限されてますか?

問い合わせは  > WWG問い合わせフォーム から

お問合せフォームはこちら/何でも気軽にお問合せ下さい/ご不明点やご質問等、気軽に問い合わせフォームからお尋ねくださいませ。/お電話でのお問合せ(052) 485-684/
お問い合わせフォームはこちら/お電話でのお問合わせ(052)485-6846
ページトップ