株式会社WWG/Weii-Wisher-Global

ホームページ制作で失敗しない3つのポイント(1/3)- Web Site Producing 1/3 -

パートナーイメージ

できる限り多くの企業ホームページ制作現場で失敗してほしくないという思いから、
多数のセミナーや社内研修にてお話している内容をまとめました。

> セミナー講演の実績はこちら

ホームページ制作の会社さん等、企業様のホームページに携わられる方は作成の参考にして頂き、
良いホームページの一助になればと思います。

ホームページ制作に正解はありません。

◆成功の定義は企業様によって違います。

成功するホームページを最初から作成するのは難しいでしょう。

どの様なホームページが良いホームページなのかは、非常に曖昧で、また時とともに求める内容が変わってくるからです。

ただ、失敗しないようにするのは実はカンタンです。

なぜなら、伝えたい目的やHPに対する要望を実現できれば失敗は無いからです。
ホームページの制作会社の選定にも使えるかと思いますのでご参考下さい。

具体的にHP制作時に失敗しない為には、次の3つの点をクリア(明確)にしておく必要があります。

【そのⅠ】ホームページをつくる目的。

【そのⅡ】ホームページの内容で一番 “力” を入れたい事。

【そのⅢ】ホームページの制作予算

ホームページ制作で失敗しない3つのポイントを頭に残して読み進めてください。

少し失敗例を挙げてみます。

値下げもしくは格安ホームページ制作の失敗する確立は○○%!

◆実績数、価格はもちろん大事です。しかし、、

業者選定の際、やはり気になる点はデザインや制作したホームページの実績数、そして価格ではないでしょうか?

もちろんこれらは大事です。
大事ですが、これには大きな落とし穴がありますので、その点をお伝えします。

サポートイメージ
〔落とし穴:A〕
デザインや実績は参考程度にしかなりません。

例えば、制作会社X社で有名企業や公共団体のHPを5人で制作したとしましょう。
その5人が全員、今、X社にいなければ制作実績はX社にありますが、制作実務者は0人です。そう、実績ありだがスキルは無しなのです。

そしてF社、G社、 H社、 I社、 J社、に転職してれば、実績はありませんが、実際に携わっている技術がそこにあることになります。
(…例ではありますが、あり得ないとは言えません)

〔落とし穴:B〕
価格交渉して大幅に値段が下がった場合のホームページや、20万円以下のサイトは企業ホームページではお勧めできません。

制作者またはHPの質を下げて価格を下げる形になります。(もちろん「質下げました?」「はい・・・」とは業者は言いません)

たとえば、80万のHPを交渉して50万になりました。や、
50万のHPを無理言って30万になりました。や、
HPが15万でつくれました。…と言った場合。

嬉しい気持ちもわかります。わかりますが、次のことが考えられます。

大幅な値引きや20万円以下のHPの場合、以下の2点が考えられます。

1.コンテンツページを減らす

コンテンツが少なくなれば訴求力が下がります。SEO対策的にも不利です。

2.制作スタッフにスキルのある人を使わず(使えず)に、単価の安いスタッフを使う。

アルバイトやパートなどの安い人件費、つまり時給数百円もしくは、千円前後のスタッフがつくる事になります。質を求めれるわけがありません。
もしくはハメコミ型HP、つまりペーパーをネットに乗せているだけのものかになるのです。

ホームページ制作にかかる原価とその実態

◆人間1人のつくれる数は限られています。
サポートイメージ

実際、人間1人のつくれる数は限られています。
1日×8時間休まず×20日働いたとして、
1ヶ月で10P前後のHP×1~1.5サイトでしょう。

スタッフA君(スキルあり)が月給30万円として保険や経費を換算してざっくり見積もっても45万と仮定。
スタッフBさん(スキル少ない)が月給20万円として保険や経費を換算してざっくり見積もっても30万と仮定。

A君とBさんで75万の人件費で多くて2~3サイト。

◆安く見ても1サイトあたり25万円

安く見ても1サイトあたり25万の原価。変更や計上日が延びると原価はそれ以上に。
1P=3万円で換算して、10P=30~40万円のサイトでも原価を少なく見積もっても
25~30万円。
1サイト5万円ほどの利益。・・・事務所の家賃にもなりません。

これが裏側なのです。
それを補うために効率化するのですが、ハメコミ型のHPであっても人がつくる以上、限界があります。

よって、大幅な値引きや、20万円以下のサイトでは失敗する可能性が高まるのです。


では、ホームページ制作で失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?


それは、こちらのページをご参照下さい
> ホームページ制作で失敗しないためには?


制作依頼する前に正しい知識があると、良いホームページに一歩近づきます。

お問合せフォームはこちら/何でも気軽にお問合せ下さい/ご不明点やご質問等、気軽に問い合わせフォームからお尋ねくださいませ。/お電話でのお問合せ(052) 485-684/
お問い合わせフォームはこちら/お電話でのお問合わせ(052)485-6846
ページトップ